ミョウバン、重曹、酢、クエン酸

子供の足のにおいを心配するお母さんが選ぶ消臭インソール

MENU

ミョウバン、重曹、酢、クエン酸が足のにおいを消す作用と意味

人によってはにおいが治ったとも言うほど、大げさに伝わってしまう足の消臭方法。ミョウバン、重曹、酢、クエン酸も同じようなことが言え期待値も大きくなってしまうこともしばしばあります。しかしその効果は一時的ににおいが消えることに留まり、持続的に足のにおいが出なくなることはありません。ほとんどの人が夜のお風呂の時に行うと思いますが、朝になって出かけて靴を履けばまた足は臭くなってしまいます。あくまでも使った時に、においが消える程度と思っておきましょう。

 

足のにおいは細菌が原因です。いくらミョウバン、重曹、酢、クエン酸を使っても細菌は殺せません。たしかに酢を使えば多少の抑制にはなりますが、所詮食品の範疇を越えることはありません。細菌は持続的に出てきますし繁殖します。そのためいくら出掛ける前にこれらを足に浸しても、繁殖する細菌には勝てません。まったく意味がないというと語弊がありますが、やらないよりはやった方がいいという感じどまりでしょうか。

 

ミョウバン、重曹、酢、クエン酸をやる意味とは、殺菌や除菌をしてにおいを出なくすることではなく、においの成分を中和させて消臭することにあります。このことを理解して使用すると、間違った使用方法にもならないですし、意味が無い余分なことしなくなります。またミョウバン、重曹、酢、クエン酸はお掃除にも使いますので、このことを理解すればより効果的に使用出来ます。

 

ミョウバン、重曹、酢、クエン酸がにおいに対する作用

足にのにおいに対してどれでも使っていいわけではありません。使っても意味が無いものもあります。臭いにおいはに、全て酸性(酸性臭)とアルカリ性(アルカリ臭)があります。自分が気になっているにおいがどの性質にあてはなるのかを知っておけば、ミョウバン、重曹、酢、クエン酸のどれを使えばいいのか分かります。

 

ミョウバン、酢、クエン酸は酸性です。重曹は弱アルカリ性になります。これらを使って中和消臭するには、逆側の性質を持ったにおい成分ではないといけません。足のにおいで代表的な成分のイソ吉草酸は酸性になります。また汗も酸性になるため、足のにおいに効果があるのは重曹の弱アルカリ性のみになります。重曹で効果がある酸性臭は他にも油汚れやお肉のにおいに効果を表します。

 

ミョウバン、酢、クエン酸を使って効果を表すのは、おしっこのようなにおいになります。おしっこのアンモニアはアルカリ性を示しますので、酸性であるミョウバン、酢、クエン酸を使います。他にも水回りのものや水垢に効果を表します。

 

足のにおいに効果があると言われるミョウバンは、におい成分を中和させる効果はありません。においを中和消臭させるより、殺菌目的で使用しているのかもしれませんが、ミョウバン自体そこまではっきりとした効果が分かっていないのも事実です。ミョウバンは古来よりあり、そうかもしれないと言うような曖昧な判断でしかなく、正確な効果を立証出来ておりません。

 

 

トップページ