靴が臭い

子供の足のにおいを心配するお母さんが選ぶ消臭インソール

MENU

靴のにおいを抑えると足のにおいも抑えられる。靴の消臭も大事

足が臭くなるのは靴が臭いからと言っても過言ではないぐらい、靴のにおいは足のにおいにおいてかなり重要です。足のにおいは最初臭くありませんが、靴を履いた時に一緒に臭くなっていきます。素足でも臭くなりますが、それにはかなりの時間が必要で、人が感じるまではなかなか至りません。

 

靴が臭くなるのは、細菌が足から出た皮脂と角質を分解した時に出る分泌物が靴に染み込むからです。細菌が繁殖するに連れてにおいも強くなっていきます。細菌が繁殖するためには水分が必ず必要で、汗や雨、湿気が靴に含まれるとにおいが発生します。靴が臭くなってしまったら、そのにおいは放っておいても消えることはありませんので、消臭してあげる必要があります。

 

革靴に限らずサンダルでも臭くなるのは同じことが言えます。皮膚が密着することにより汗をかき、その汗がそこに留まることによって細菌が繁殖します。これにあてはまる場所、物なら全てにおいが発生してしまうのです。

 

特にブーツなどの形状の靴に、においがずっと残っているのは履いている時ににおいが強くなり、脱いでも水分がこもったままでなかなか蒸発しないためにおいも残ってしまうのです。靴を連続して履かない方がいいのは、水分が蒸発しないうちにまた汗などが追加で靴に含まれてしまいにおいが強くなってしまうからです。

 

出かける前に家でいくら足にクリームやスプレーなどの消臭ケアをしても、靴が臭かったらそのにおいが足に移ってしまいます。足のにおいが気になるからと言って足ばかり目が行きがちですが、靴の消臭も同じぐらい重要なのです。靴は人によって臭くなりはじめるのも違い、初日からにおってしまう人もいますので、そのたびに洗ったり出来ません。洗える靴ならまだしも、女性用の靴や革靴など洗えないものはお手入れが大変で、めんどくさいのが本音でやらない人も多いのです。

 

めんどくさいからと言って靴に消臭スプレーを吹きかけまくってはいけません。消臭スプレーは科学的ににおいを感じなくさせているだけで、におい成分はそこに残ったままです。におい成分の上にまたにおい成分が重なってにおってきますので、またスプレーしてを繰り返します。消臭スプレーを使い過ぎると変なにおいになるのはこのことが原因です。

 

靴の中にはゴミやホコリ、皮脂、汗の成分、角質がかなりたまります。これらが連鎖して細菌の栄養分になりますので、靴底に溜めないようにしないといけません。これらを靴底に残さないためには消臭インソール(中敷き)を敷いておきましょう。消臭インソールの上で全てを収集してしまえば靴底にいくことはあまりありません。入れ替えてあげることにより靴自体が臭くなることを抑えられますので、足のにおいも抑えられます。

 

 

トップページ